乳酸菌とは

「乳酸菌ってなに?」

乳酸菌とは、細菌の一種で、この「細菌」とは、ひとつの細胞からなる生き物であり、動物でもなければ植物でもありません。
乳酸菌は、地球上に動植物が誕生するよりも前から存在していたといわれている生物なのです。

 

乳酸菌には、糖を分解して、乳酸を生産することでエネルギーを作る働きがあり、また、その細菌の総称であり、その種類には様々なものがあります。
その中で、乳酸を生産し、人にとって良い働きをしてくれるものを、「乳酸菌」と呼びます。
この「乳酸菌」という呼び方は、一定の特徴を満たしている細菌の総称です。
慣用的な呼び名であり、これといって特定の細菌を指していません。

 

乳酸菌は、食品工業・発酵工業の分野で、乳酸菌飲料・チーズ・バターなどを生産するほか、私達の普段の生活の中で多方面に有効利用されています。
古来より、乳酸菌は、あらゆる食品加工に利用されてきた細菌です。
乳酸菌に科学の光が当てられるようになったのは、今から約100年ほど前の時代に遡ります。
1899年、乳酸菌のひとつである「ビフィズス菌」が発見されて以来、20世紀初期には、「乳酸菌が健康や老化に大きく関係している」と考えられるようになりました。

 

ロシアの細菌学者メチニコフ博士は、ブルガリア地方に長寿の人が多く存在している理由として、乳酸菌食品との関係が深い部分に着目、以降、長い月日をかけて研究を重た結果、乳酸菌が、腸内バランスを改善・整腸作用をもたらす効果があると発表、ここで、「乳酸菌による不老長寿説」を、提唱しました。
腸内の有害菌・腐敗細菌である「悪玉菌」が作り出す毒素が老化促進をさせること、そして、不老長寿を図るには、老化促進をする腸内腐敗を防止することの出来る乳酸菌などの「善玉菌」を摂取することが大切であると指摘しました。

 

その後、腸内細菌の研究は進み、現在では、「乳酸菌には腸内細菌のバランスを回復することが出来る整腸作用、下痢・便秘の症状改善に加え、免疫増強作用、這うがん抑制作用、コレステロール抑制作用などがある」という知識が、もはや常識とされる時代になりました。

 

<乳酸菌の種類>
一言で乳酸菌といっても、その形や種類は、実に様々なもので、乳酸菌を含んだ食品で世に知れている発酵食品でも、使用されている乳酸菌は、それぞれの食品で異なっており、同じ食品であっても、様々なタイプがあるヨーグルトのように、様々なタイプの乳酸菌が使用されている食品があります。

 

乳酸菌は形状から、【1.棒状の菌(桿菌・ラクトバチルス属など)】、【2.球状の菌(球菌・ラクトコッカス属・ロイコノストック属など)】、大きく3つに分けられます。
ビフィズス菌は、「乳酸の精製量が50%以上」(乳酸菌の定義のひとつ)には満たないものの、乳酸菌として考えられている細菌です。