乳酸菌 アレルギー

乳酸菌とアレルギー

ここ数年の日本では、アレルギーを発症する人の数が、年々増え続けているのをご存知でしょうか。

 

多くの人が、口に出来る食品が限られてしまったり、全身に発疹が出てくるなど、辛い症状に苦しんでいるのです。

 

近年の研究では、「アレルギー解消のキーポイントは乳酸菌にあるのではないか」と提唱されるようになりました。

 

乳酸菌というのは、私達の腸内に元々から生息している細菌で、悪玉菌の増殖抑制に効果を発揮し、腸内環境を整える働きをしてくれていますが、アレルギーを持っている方の場合、健康な方と比較すると、腸内の乳酸菌が少ないという調査結果があります。

 

そもそもこの「アレルギー」というのは、身体の免疫機能のバランスが崩れてしまうことで、身体が特定の物質に過剰に反応してしまっている状態をいいますが、この崩れた免疫のバランスを正常な状態に整える働きが乳酸菌にあるということも、わかってきました。

 

乳酸菌を取り扱っている各社では、これらの研究に基づいて、特にアレルギーの改善に多大な効果をもたらす乳酸菌を培養することに成功し、現在では、ドリンク・ヨーグルト・錠剤などに加工し、商品展開を行っています。

 

アレルギーの緩和に効果的な乳酸菌の中で、代表的なものが、乳酸菌KW3110株・ラクトバチルス・アシドフィルスのL92株・L55株・ビフィズス菌などです。

 

乳酸菌は薬ではないので、アレルギー改善や症状緩和に即効性はありません。

 

ですから、乳酸菌を摂取することでアレルギー緩和に効果があるのは確かですが、個人差があるので体質に合わない場合は、その効果がなかなか表れない場合もあるようです。

 

体質改善を図るためには、短期集中するのではなく、長期的に毎日継続して乳酸菌を摂取することが重要であるともいわれています。

 

毎日ヨーグルトやドリンクを買うのも面倒ですし、コストも掛かるので手軽に続けやすい乳酸菌サプリを試してみるのもおすすめです。

 

また、「乳酸菌を摂取していればいい」というものではなく、無理のない範囲で腸内環境を整えること出来るように、日常生活の生活習慣、生活リズム、食生活を今一度見直し、規則正しくバランスを取ることも大事です。

 

アレルギーがないからと油断せず、毎日の生活に乳酸菌を取り入れれば、腸内環境が整いますから、健康的な身体を維持することが出来そうですね。