アトピー 乳酸菌

アトピーと乳酸菌

アトピー性皮膚炎は、アレルギーの一種です。

 

これは、患者さんにとって、大変な苦痛を伴う辛いアレルギーですが、一部の乳酸菌が、この辛いアトピー性皮膚炎を「緩和させる」という嬉しい効果を持っていることがわかっています。

 

乳酸菌は、私達人間の腸内などに元々生息している細菌で、腸内環境を整えてくれたり、健康維持に役立つ重要な役割を持っています。

 

この他に、ヒトの免疫機能を高める効果も持っています。

 

私達人間の身体は、体内に雑菌などが侵入してきた場合、その雑菌に抵抗する機能と、ある程度まで抵抗してその抵抗を沈静化させる機能を持っており、これら二つを合わせて「免疫機能」と呼びます。

 

アトピー性皮膚炎などのアレルギーは、免疫機能である「抵抗するための機能」がとても強くなることで、その抵抗を上手く沈静化させることが出来ずに過敏反応を起こしてしまっている状態です。

 

そこで乳酸菌が、そのバランスが崩れてしまった免疫機能へ働きかけ、抵抗を沈静化させる機能を高めてくれるので、毎日継続して乳酸菌を摂取していけば、アトピー性皮膚炎を緩和させることが出来るのです。

 

乳酸菌は、あくまでも「免疫機能のバランスを整える」効果があるものですから、多量に摂取することで免疫機能のバランスが逆転するようなことはないようです。

 

カルピス社などでは、アレルギー改善に特化した乳酸菌の開発に成功したのも話題になりましたね。今では、アレルギー改善に効果的な乳酸菌飲料や錠剤などの商品化にも成功し、私達の身近に出回ってくるようになりました。

 

ただし、乳酸菌は薬ではないので即効性はなく、あくまでも「長期的に継続して摂取し、体質改善をさせることでアトピー症状を改善させる」というものですから、全ての人に効果的であるとはいえません。アトピー性皮膚炎や、ご自身の健康状態が気になるという方は、ぜひ、これから毎日乳酸菌を摂取する習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。

 

刺激・敏感・デリケート・刺激が気になる体に悩んでいる方にも乳酸菌はおすすめです。