便秘 乳酸菌

乳酸菌と便秘の関係

乳酸菌は、ブドウ糖や乳糖をエサにして、多くの乳酸を作り出します。
ビフィズス菌の場合、乳酸だけでなく、酢酸も作り出します。
乳酸菌は、便秘予防・便秘改善に効果があるといわれていますが、それはこの、乳酸や酢酸に大腸のぜん動運動を活発にさせる作用があるためです。
また、乳酸菌は、便の水分量を調整する働きもあります。
便秘になってしまうと、便が大腸に留まっている時間が長くなるので、水分がどんどん吸収されていってしまいます。
健康的な便であれば、その水分量は80%程度あるのに、便秘時の便の水分量は、60%以下しかありません。
お肌と同じで、便も水分がなくなれば硬くなってしまいますから、排出しずらい状態になってしまい、これが便秘をさらに悪化させてしまう原因にもなります。
このような便の水分不足を防ぐ働きを持っているのが、乳酸菌なのです。
乳酸菌は、腸のぜん動運動を促進、便を押し出すと共に便に適度な水分量を保たせることが出来るので、便秘の不快感を解消してくれる強い味方なのです。

 

乳酸菌は、食物繊維が大好物です

 

便秘を解消するためには、食物繊維の摂取が有効とされていますが、それはどうしてなのでしょう。
これは、食物繊維が便の材料になるのに加えて、この食物繊維が乳酸菌などのエサとなるため、乳酸菌の増殖を手助けする作用があるからです。

 

食物繊維は、消化液で分解されることはなく、そのまま腸へと送られていきます。
かつての日本の食事には、食物繊維が豊富に含まれていたために、腸内の乳酸菌がその食物繊維をエサとして、次から次へとどんどん増殖出来る大変良い環境にありました。
ですが、今では食生活が欧米化してきたこともあり、食物繊維の摂取量が減ってしまう代わりに、タンパク質や脂質を摂取する機会が随分と増えました。
その結果、腸内は悪玉菌が住みやすい環境になってしまい、乳酸菌などの善玉菌が持つ効果を発揮することが出来ない状態になってしまっているのです。

 

悪玉菌を減らして善玉菌の力を取り戻すためには、毎日の食事の中で、しっかりと食物繊維を摂ることが重要です。
野菜・果物・海藻・きのこ・豆・芋・穀物などを多く摂取するように、日頃の食事を今一度見直して、これらを積極的に食べるように意識してみましょう。

 

正しいケアで便秘改善

 

便秘の大半の原因は、排便機能障害で起こる「機能性便秘」で、便秘の症状が軽いものであれば、食事を見直してみたり、運動をするなどして、生活習慣を改善することで解消されていきます。
一方、病気や疾患などを原因とする「気質製便秘」であったり「重度の便秘」である場合は、市販の便秘薬などに頼らず、まずは専門医の診断と正しい治療が必要になります。
そのまま誤った便秘のケアを自己流で続けてしまうと、腸閉塞などの原因になってしまう可能性もあり、実際に亡くなってしまった人もいるのです。

 

便秘を改善するために、必ず専門医の受診と、継続的な治療・健康的な生活習慣の維持を行い、正しいケアをしましょう。