乳酸菌 ビフィズス菌

乳酸菌のビフィズス菌

よく耳にする「ビフィズス菌」、これは、多くの種類がある乳酸菌の中のひとつです。

 

一般的に、乳酸菌は食べ物を腐らせずに、乳酸を作り出す働きがあるといわれている細菌ですが、ビフィズス菌は、乳酸・酢酸を作り出す働きがあります。
乳酸菌の一般的な働きといわれている作用と同様、ビフィズス菌もまた、腸内環境を整えて、悪玉菌を抑制、免疫機能のバランスを整えてくれるのです。

 

実はビフィズス菌は、母乳で育つ赤ちゃんの腸内に、一番最初に住み着く腸内細菌なのです。
こうして、生まれてきたばかりの赤ちゃんのデリケートなお腹を、しっかりと守ってくれます。
また、母乳ではなく、人工のミルクなどで育った赤ちゃんの場合、腸内のビフィズス菌の数が少なく、アレルギーなどを発症しやすいという良くない研究報告もあるようです。
また、最近の乳酸菌の研究により、ビフィズス菌が、特に花粉症に効果的であることが判明し、花粉症の症状緩和に効果的だからと、ヨーグルトやビフィズス菌のサプリメントが多く販売され始めました。

 

ひとつ注意しなければいけない点があります。
ビフィズス菌は、酸素を嫌うので、酸素に触れてしまうと、その数が減少してしまいます。
ですから、ビフィズス菌の含まれているヨーグルトなどは、開封後は早めに食べてしまいましょう。
また、ビフィズス菌は、オリゴ糖をエサにしているので、ヨーグルトを食べるときにオリゴ糖をプラスすると、ビフィズス菌の効果を倍増させることが出来ます。

 

オリゴ糖は、ビフィズス菌だけでなく、他の乳酸菌も元気にしてくれるので、乳酸菌が豊富に含まれているヨーグルトとオリゴ糖を組み合わせることで、腸には最高の食べ物になります。
腸内環境を整えるには、短期的では、効果は期待出来ません。
毎日継続して長期的に乳酸菌を摂取することが大切なので、ヨーグルトで美味しく腸内環境の改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。