乳酸菌 整腸作用

乳酸菌の整腸作用

乳酸菌の整腸作用

1.便通の乱れを整えて、便秘や軟便が改善される
2.腸内の悪玉菌を抑制、有害ガスの発生を抑制することで、腹部の膨満感を改善する

 

乳酸菌を腸内へ取り込むと、腸内の多種多様な細菌集団である「腸内細菌叢」のバランスを改善させることが出来ます。
年齢を重ねていくごとに、腸内の乳酸菌が減少していってしまいますが、それを補うためにも、食事を通じて体外から乳酸菌の摂取をするように意識しましょう。
とはいっても、乳製品に多く生息している乳酸菌ですが、この大半は、phの低い胃酸や胆汁酸によって、腸に届く前に、胃や十二指腸の中で死滅してしまいます。
乳酸菌は、生きて腸に届くものを選ぶことで、腸内環境の正常化に役立てることが出来るのです。

 

新陳代謝を促進して健康な肌を

お肌の新陳代謝のサイクルを「ターンオーバー」といいますが、このサイクルは、年齢を重ねるごとに延長されていくので、肌細胞が段々と弾力をなくし、それらがシワなどの原因となってきます。
乳製品などから乳酸菌を摂取して、腸内細菌のバランスを整えることで新陳代謝を上げて、私達が本来持っている「健康なお肌」を手に入れましょう。

 

乳酸菌が腸内で作るもの

腸内に潜んでいる悪玉菌は、お肉などに含まれるたんぱく質や脂質をエサに、たくさんの有害物質を作り出してしまいます。
一方、乳酸菌などの善玉菌は、糖質などを分解することで、腸内を酸性にする乳酸や酢酸を作り出します。
悪玉菌は、酸性の環境がとても苦手なのです。
ですから、善玉菌が増加すれば、乳酸や酢酸もたくさん作られるようになりますから、そうなると、悪玉菌が悪さを働くことが出来なくなるのです。
また、腸内環境を酸性に保つことで、体外から侵入してきた病原菌やウイルスにとっても、その環境が苦手なものとなるため、風邪予防など病気を未然に防ぐことにも繋がっていきます。

 

例えば、食べ物の中に食中毒菌が混入していたとします。
それを食べてしまった場合、腸内環境が乱れていると、食中毒菌が住み着きやすい状態のため、侵入してきた食中毒菌が腸の中で増殖していき、やがて下痢や腹痛などの症状を引き起こします。
ですが、酸性の腸内環境が保たれている場合、その環境は食中毒菌にとっては苦手な環境なため、食中毒菌の繁殖を抑制することが出来るため、症状が悪化させずに済む場合もあります。

 

腸を動かす乳酸菌

腸内環境が酸性であることが良いとされているのには、もう1つ理由があります。
それは、「大腸を刺激して、ぜん動運動を活発にする」という働きがあります。
大腸が便を体外へ排出する際に行う運動のことを「ぜん動運動」といいます。

 

大腸は、ミミズが這うようなクネクネとした動きを1分間に2〜3回行い、そうすることで便を肛門へ送り出しています。
この、ぜん動運動が低下してしまうと、便が移動しにくくなり、やがて大腸内に長く留まってしまうことになります。
そうなれば、便が腐敗して悪玉菌が繁殖し増加、やがて腸内環境が悪化して便秘を引き起こし、それが慢性化しやすい状態になってしまうのです。
このようなスパイラルを予防するためには、毎日の食生活の中で乳酸菌を含む、ヨーグルトなどの発酵食品を摂取したり、運動をする習慣を身につけていくことが大切です。
このように、身体に良い影響のある習慣を身につけて、適度に大腸を刺激して動かしてあげましょう。