乳酸菌 働き

乳酸菌の働き

私達が生きているこの地球上には、多くの微生物が存在しますが、それらの微生物の中のひとつに、私達にとって良い働きをしてくれる「乳酸菌」があります。
乳酸菌とは、ひとつの微生物の名前ではなく、生育に必要とするエネルギーを得るために、ブドウ糖や乳糖を分解し、乳酸を作り出す微生物のことを乳酸菌と呼びます。
そうして作り出された乳酸によって、風味が酸味の強いものになり、そうなることで、保存性が高まります。

 

乳酸菌は、いろいろな発酵食品を作るうえでは、なくてはならない存在で、古来より、人間の食生活においても、大変深く関わってきました。
それぞれの特性を活かし、乳酸菌飲料、発酵乳(ヨーグルト)、チーズなど、これら乳製品をはじめ、味噌、醤油、漬物などの食品に大変役立てられています。

 

善玉菌は、乳酸菌を利用することで増加しますが、その善玉菌には、以下のような機能があります。

 

・糖質を分解して乳酸や酢酸を作り、腸内環境を綺麗にする
・腸内を酸性にし、有害菌の繁殖と有害物質の産生、吸収を抑制する
・腸のぜん動運動を刺激して、便秘を防ぐ
・超粘膜を覆い、病原菌の侵入を防ぎ、感染を防御する
・ビタミンBグンやビタミンKを産生する
・免疫を刺激して、抵抗力を高める

 

乳酸菌は、生きて腸まで届かなければ意味がない!

 

乳酸菌を摂取する上で、最も大切なことは、「腸まで生きて届く」ということです。
せっかく摂取しても、それが腸に届かなければ、さほど効果は期待出来ません。
乳酸菌飲料を飲んでも、それに含まれる善玉菌のほとんどは、腸に届く前に死滅してしまいます。
ですが、死菌として、ビフィズス菌を繁殖させる効果があることが認められています。

 

ヨーグルトなどに用いられるビフィズス菌は、腸内定住菌ですが、外部から入った菌というのは、腸まで届きにくく、もし腸に届いても、そこに定着することが出来ません。
さらには、酸素、温度、酸、圧力などに対して大変弱く、打錠加工されたものに関しては、加工の際に掛かる圧力によって、ほとんどが死滅してしまいます。
粉末状のものは、乾燥した状態で保たれていますが、やはり2〜3ヶ月も経過すると、半分は死滅してしまいます。

 

しかし、有胞子性乳酸菌の場合は、生きたまま腸に届きます。
有胞子性乳酸菌は、1週間程度増殖したのち、死滅します。
これは、腸内に定着する細菌ではなく、ビフィズス菌(乳酸菌)の増殖を手助けしてくれる働きがあります。