乳酸菌 効果

健康作りに役立つ乳酸菌

今では誰もが知っている「乳酸菌」ですが、その乳酸菌の機能の代表ともいえる「腸内細菌」が注目されています。

 

注目されているもの、それは、「プロバイオティクス」と呼ばれるものです。

 

これは、簡単に説明すると、プロバイオティクスというのは、腸内環境を改善し、身体に良い作用もたらす微生物のことを指しており、またそれは、以下の条件を満たしているものを指します。
これには、生きた状態で腸まで届くものが当てはまりますが、細菌の研究によって、死んだ乳酸菌でも、身体に良い働きがあるということが解明されてきました。

 

プロバイオティクスの条件

 1.元々、人の大腸内にいる常在微生物であること
 2.胃酸や胆汁酸などにより消化されず腸まで届くこと
 3.腸内で繁殖出来ること
 4.腸内細菌叢のバランス改善や、腸内の腐敗物質を減少させる効果があること
 5.抗菌性物質を生み出したり、病原性を抑制する作用があること
 6.食品や医薬品としても、安全性が高いこと
 7.生産の際に扱いやすく、価格や費用が安いこと

 

乳酸菌によって得られる健康効果

 

今の段階では、科学的に立証されているもの・人への効果が期待されているもの、この2つがあります。
プロバイオティクスは、あくまでも、特定の微生物についてですから、全ての乳酸菌に期待出来る機能とはいえませんが、予防医学の観点から見て、乳酸菌などのプロバイオティクスは、いろいろな病気や疾病に対して、効果的であると期待することが出来るのです。