乳酸菌 効能

乳酸菌の効能

乳酸菌の持つ免疫に関するもの、特にアレルギーに関する作用についての研究が、1990年から開始しました。
この研究の成果が、欧州で初めて発表されてから、花粉症、通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状を緩和させる効果が、乳酸菌にはあるということが分かってきたのです。

 

Th1細胞、Th2細胞と呼ばれる2種類の司令官の役目を果たしている免疫細胞が、アレルギーと大きな関係があり、これらは、普段は免疫バランスを保っており、免疫反応をコントロールしてくれています。
食生活や生活環境の乱れなどが影響し、Th1細胞とTh2細胞の免疫バランスが崩れることでTh2型に偏った場合、アレルゲン(花粉など)と反応するIgE抗体と呼ばれる抗体が過剰に生産されます、こうなることで、アレルギー症状を発症するのです。
このことから、Th1細胞とTh2細胞の免疫バランスを改善する、つまり、「体質改善をすることで、本来反応する必要のない花粉などの危害の少ない物質に対するIgE抗体の生産を抑制することが可能になり、そしてアレルギー体質が改善される」と、考えられます。

 

これまで乳酸菌は、Th1細胞を活性化させる働きを持っており、Th1細胞とTh2の免疫バランスの改善に期待出来る細菌として、注目されてきました。
「腸管の免疫細胞を刺激する」というのが、乳酸菌が免疫バランスを整えるメカニズムであると考えられています。

 

改善傾向が認められる乳酸菌の効能

 

花粉症

乳酸菌を摂取する前と後で、目や鼻などのアレルギーの自覚症状の変化を分析した結果、「目のかゆみ」「鼻のかゆみ」に対して、意義のある改善効果が確認されています。

 

通年性アレルギー性鼻炎

鼻水・目のかゆみ症状スコアに意義のある改善効果があり、鼻づまりの症状スコアに対しても、改善傾向が認められました。
さらに、医師の診断においても、総合改善度でやはり意義のある改善傾向が認められました。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎を持つ小児患者に対して、乳酸菌を含む発酵乳を2ヶ月間連日摂取させながら、皮膚症状変化の観察・血液検査・糞便菌叢解析が実行されました。
乳酸菌を含む発酵乳を連日飲用した結果、皮膚症状とかゆみが、軽減されることが解りました。
血液分析の結果では、血中の白血球数の減少が確認されました。