乳酸菌 免疫力

乳酸菌の免疫力

乳酸菌には、腸内環境を整えるなどの効果以外に、「免疫力の強化」という効果もあります。

 

乳酸菌は、腸内に存在している細菌で、乳酸菌を繁殖させて腸内環境を改善させる働きがあります。
腸は、口から胃、小腸、大腸と繋がっている長い消化器官ですが、それらは、口から入った雑菌などの異物にさらされてしまう場所でもあります。
このことから、腸管に関連するリンパ組織を通じて、そこで、異物か異物でないかを区別する免疫システムも存在します。

 

乳酸菌は、腸管に関連する免疫組織に影響を与え、また、免疫細胞の一種「ヘルパーT細胞(Th)」にも、影響します。
この免疫細胞の中に、Th1とTh2という種類があり、アレルギー疾患の人は、Th1よりTh2が多く存在し、普段はバランスを保っているはずのTh1とTh2のバランスが崩れていることが多いといわれており、Th1を増加させTh2を減少させる効果のある乳酸菌を摂取することで、これらのバランス改善を図ることが出来ます。

 

乳酸菌にアレルギー症状を改善させる効果があるのは、腸管の免疫組織に影響し、このTh1とTh2のバランスの改善をすることで、アレルギー症状を改善するためであり、これらのことからみても、乳酸菌が免疫機能に影響を与えているということが、わかりますね。

 

最近のマウス実験を用いた研究では、乳酸菌を与えたマウスに、NK(ナチュラルキラー細菌)の異種NKT(ナチュラルキラーT細胞)が増えることが確認されました。
このNK細胞は、ガン細胞やインフルエンザウイルスなどを見つけると、それらを退治する働きを持つ細菌なのですが、NKT細胞は、自らウイルスや細菌を攻撃するだけではなく、免疫機能のコントロール、抗体を作り出す働きをする、新発見された免疫細胞です。
ですから、まだ研究途上の免疫細胞ではあるものの、免疫機能にとって、重要な役割があると考えられている細胞です。

 

アレルギー症状がない人でも、乳酸菌を毎日続けて摂取し続けることで、免疫細胞のバランスが保たれ、そうしながら免疫力を高めていけば、ガンを防ぐことが出来て、万が一ガンが出来てしまっても、免疫力が高いので消滅します。

 

ここでいう免疫力というのは、元気で丈夫な白血球のことをいいます。

 

特に、マクロファージと呼ばれる白血球が元気な状態であれば、ガンになることはありません。
マクロファージを元気にするには、やはり、乳酸菌を摂取することが効果的なのです。

 

乳酸菌飲料で高齢者の免疫機能が改善

 

細菌やガン細胞などを攻撃する働きがあるNK(ナチュラルキラー)細胞の活性は、年齢を重ねるごとに減少していってしまいます。
しかし、69歳〜97歳までの高齢者10人に、3週間に渡って乳酸菌飲料を飲んでもらい、乳酸菌飲料を飲む前と後でのNK細胞活性を計測した結果、乳酸菌飲料群と偽薬(プラセボ)群と比較した場合、乳酸菌飲料群の方が、非常に目立つNK細胞の活性が上昇したようです。