乳酸菌 種類

乳酸菌の種類・・・実は無数にある

近年、免疫力を高める上で、乳酸菌が絶大な効果を発揮することから、乳酸菌が脚光を浴びるようになってきました。

 

そうした中で、様々な種類の乳酸菌が発見され、その種類によって、それぞれの働きに違いがあるということも分かってきました。

 

「乳酸菌」という名称は、その細菌の総称なので、乳酸菌という名前の菌が1種類だけあるというものではなく、属・種・株といったように、それぞれが持つ性質によって枝分かれしており、枝分かれした先の末端の菌株に至っては、無数の種類が存在しています。

 

乳酸菌の種類

乳酸菌とは、乳酸などの「有機酸」を生み出す細菌の総称です。

 

沢山の乳酸菌の種類の中でも、ビフィズス菌、ラブレ菌、ラクトバチルス、ガッチェリー菌などが一般的によく知れており、実際にみなさんも耳にしたことのある言葉だと思います。

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌には、腸内の善玉菌を増加させる働きがあり、そうなることで、悪玉菌を抑制する効果があります。また、酢酸を作り出す働きもあり、腸内を酸性に保ってくれる効果があるので、病原菌の繁殖を防ぐ効果もあります。

 

ラブレ菌

京都・上賀茂の特産品である「すぐき漬け」から発見された菌の一種で、この菌は、腸内で増殖するという嬉しい特徴を持った善玉菌です。抗ウイルス作用・抗腫瘍作用・免疫調節作用などの働きがあるといわれている物質の「インターフェロン」の産生能を高めるといわれている菌です。

 

ラクトバチルス・ガッセリ菌(LG菌)

プロバイオティクス・ヨーグルトに含有されていることで有名なこの乳酸菌は、ピロリ菌の殺傷能力があるといわれている嬉しい菌です。この「ピロリ菌」は、胃潰瘍の原因にもなる菌です。

 

乳酸菌は胃液に弱い?

 

「胃酸が乳酸菌を溶かしてしまう・・・」

 

毎日ヨーグルトを食べているから、腸内環境は完璧!と思っている人も多いと思いますが、実は、口から摂取した乳酸菌は、殺菌作用として存在している胃液のまさにその作用で、ほとんどの乳酸菌は死んでしまうので、乳酸菌が生きたまま腸まで届くことが、なかなかありません。

 

無事に腸内に辿り着けても、私達の体内に元々存在している腸内細菌には、体内に侵入してこようとする細菌を排除しようとする働きがあるので、乳酸菌が腸内に入ってこれたとしても、それを腸内に留めておくことが、とても難しいのです。

 

とはいっても、必ずしも効果を得ることが出来ないというものでは、ありません。

 

ビフィズス菌など、特定の乳酸菌は、胃液に負けずに生き残るものもあります。

 

そして、ビフィズス菌は、腸に辿り着くと、酸を作り出すことで、酸性に弱い悪玉菌を、その酸によって退治してくれます。また、死んでしまった乳酸菌には、悪玉菌の死骸を吸着し体外へ排出してくれるという、食物繊維のような働きもあります。

 

乳酸菌サプリでは、そんな乳酸菌の特徴をカバーできる、「腸まで届くサプリ」が発売されています。