ヨーグルト乳酸菌

ヨーグルトの効能の秘密

ヨーグルトを食べる上でみなさんが期待するのが、やはり「高い整腸作用」ではないでしょうか?

 

ヨーグルトの整腸作用は、醗酵の時に使われるビフィズス菌などの乳酸菌による作用です。

 

ヨーグルトを食べると、腸内に乳酸菌が増殖し、そうなることで悪玉菌の増殖を抑制します。

 

乳酸菌は、軟便の原因でもある悪玉菌の増殖を抑制させる一方で、腸内で便の量を増やしたり、腸を刺激することでぜん動運動を促して酸を生成する働きをしています。
ヨーグルトが便秘改善や下痢を治める効果があるのはこのためで、スムーズなお通じを助けてくれています。

 

ヨーグルトで腸内環境を整えましょう

 

市販のプレーンヨーグルトに「トクホ」と表示されているのを見たことは、ありませんか?

 

トクホとは、特定保健用食品のことで、健康づくりのための食習慣の改善をきっかけとし、「○○が気になる方に」という効能効果の表示をしてもいですよ、と厚生労働省から認可されている食品のことをいいます。

 

ですから、これがヨーグルトの場合、便秘や下痢を改善することが出来る、つまり「おなかの調子を整える」という効果が科学的に証明されていますよ、ということを意味しているのです。

 

ヨーグルトの醗酵に使用される乳酸菌やビフィズス菌は、腸で増えて、善玉菌を抑制する働きがあります。一方で、腸の中の便の量をふやしたり、腸を刺激してぜん動運動を引き起こす酸を生み出す働きもあります。

 

ですから、乳酸菌の入っているヨーグルトを毎日続けて食べることで、気になるニオイの少ないお通じがスムーズに起こるようになるのです。

 

しかし、残念なことに、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、腸に定着しにいため、なかなか腸に留まることが出来ないといわれています。

 

だからこそ、毎日食べ続けること・それを習慣づけることは、とても大切なことなのです。

 

整腸作用だけではないヨーグルトの秘密

高い整腸作用があることから、今では健康食品として私達の生活に定着しているヨーグルトですが、整腸作用だけではなく、新たな効果も解明されてきました。

 

  • コレステロール抑制
  • 血圧低下
  • 生活習慣病
  • 脂質異常症
  • アレルギー症状

 

元々、ヨーグルトというものは、世界的な長寿地方として有名なブルガリアで広く食べられていることから、着目されるようになった食品です。

 

整腸作用だけではなく、健康維持に繋がる嬉しい効果も、次々と明らかになっています。

 

例えば、乳酸菌は、体内でビタミンやタンパク質を作り出すのに役立っていたり、コレステロールや血圧低下に効果があり、生活習慣病、脂質異常症の予防にも役立つことが解っています。

 

身体の免疫力を高める効果もあり、その免疫力を高めることで、花粉症などのアレルギー症状を緩和させることが出来る効果があることも解明されました。

 

また、この他にも美容の視点から見た場合、お肌の弾力・乾燥の改善を期待することが出来るという嬉しい効果もあります。

 

しかし、健康には良いと言っても毎日ヨーグルトを何個も食べるのはコストがかかりますし、砂糖が含まれているヨーグルトを取り過ぎるのも良くありません。

 

より手軽に乳酸菌を摂取するのに乳酸菌サプリが適しています。